BtoBでもメルマガを発行する価値はあります!

メルマガはBtoCのスタイルのビジネスだけに有効というわけではなく、BtoBのビジネスモデルでもメルマガを発行する価値は十分あります。

そもそも「メルマガで宣伝しよう!」とか「商品を売ろう!」なんて考えるから思考の幅が狭くなって「BtoBには効果なんてないよ!」と勝手に思い込んでしまうのです。

 

BtoBのメルマガの場合は「特に」ですが、御社の動向や商品やサービスの開発話、社長や責任者などからのメッセージを掲載し、配信するだけで十分です。

もちろんメルマガに限ったことではなくてこれを冊子やニュースレターのような紙媒体としてもOKですが、コストや時間が比べ物にならないくらい必要になることを受け入れなくてはなりませんね。

大事なことは「お客様とのつながりを維持すること」です。もっと簡単に言えば「お客様が忘れてしまわないようにする」ということです。

 

メルマガ配達というふうに考えることができると、そこに記載する内容は営業のことだけに限ったことではないということに気が付きます。つまらない話は別にしても、要は何でもいいんです。何を書いてもOK!断然ネタの幅が広がりますね。

自社内で「こんなことには何の価値もない」とお考えになるようなことであっても、お客さまには価値があるかもしれません。勝手に決めつけないことです。勝手に決めつけて可能性を小さくしてしまうことアホらしいことはありません。

最初は無理のない程度で、欲張らない程度でスタートして、発行のコツやコンテンツを書くコツがわかってきたら頻度を増やしていけばいいでしょう。

 

そうそう!ひとつ大切なことを言い忘れていました!

『いくら無料であっても要らないものは要らない!』

メルマガでも冊子でもニューレターでも同じですから、これだけは頭の中に入れておいてくださいね!